RVSのやり方ビデオ

RVSについて理論などを色々説明して来ましたが、実際にやってみたらどうなのかを見て頂きます。
1つのカードに、「英作文、レクチャー、Reflex training、Role play」と4つのパートがあり勉強したことを会話のレベルまで持って行く様に出来ています。

実際にRVSのシステムだけをやりたい方は、現在クラウドファンディング(ReadyFor)で提供する予定ですが、こちらの申込みで、1ヶ月3000円で利用出来ます。是非お試し下さい。

    You May Also Like